Shop Information

リッチフィールド店舗写真
リッチフィールド

リッチフィールド

丘の上、本物が佇む優しくて美味しい時間

色とりどりのスウィーツに隠れた究極の職人技が施されたリッチフィールドのスウィーツ。店内やカフェはスタイリッシュであるとともにバリアフリー空間を重視した作りになっている。本物の味とほっと和む空間でやさしい時間を過ごせる神戸自慢の洋菓子鋪。


バウムクーヘンを超えるバウムクーヘン

丘の上、本物が佇む優しくて美味しい時間

リッチフールド

リッチフィールド西神中央店は一歩踏み入れるとまるでお菓子のミュージアム。店内に入ると左右にバウムクーヘンのオブジェ。焼きたてのデニッシュ。大きなショーケースにきらびやかなスウィーツ。さらに奥へと進めば今度はぐっと渋いCHEF'S POCKETコーナー。扉を抜け通路を歩き続けると、カフェスペース320CONCEPTIONへと導かれる。煌びやかな店内にひっそりと佇む赤と緑の2種類の箱。これがリッチフィールドお勧めのバウムクーヘン。

リッチフィールドのバウムクーヘン、プレーンと緑茶しっとりしたバウムクーヘン。あなたが思っている以上の新食感かもしれませんよ。さてプレーンと緑茶、今日はどっちを食べようか。

初めて食べる人は驚くかもしれない。しっとりしててブランデーケーキのようにも見えるけど食感が軽くてもたれないからいくらでも食べてしまいそう。
日持ちするうえ食感が変わらないのも魅力のひとつ。

優しいおいしさのプレーンと緑茶のバウムクーヘン。この緑茶のバウムクーヘンは周りに砂糖のコーティングと共に茶葉が散りばめられている。

健康にもよいといわれる茶葉は好感の持てるあしらい。生地は緑茶の色が鮮やかで深い緑色に染まり美しい。

年齢にかかわりなく誰からも愛される逸品として引菓子や誕生日、還暦のお祝いにとギフトとしてもひっぱりだこ。

にぎやかなショップにじっくりと鎮座する2つのバウムクーヘンはリッチフィールド一押しのスウィーツ。福原シェフの力を改めて感じさせる存在感あるおおきな大木(たいぼく)。

その大木にはぎっしりと年輪が刻まれているかのようで穴の向こう側にあるリッチフィールド独自の世界をのぞいて見たくなる。

リッチフィールド

名だたるコンテストに受賞経験を持つ福原シェフもまた神戸生まれの神戸育ち。東須磨、父親の経営する洋菓子店「ボックサン」で22年の間修行され、現在名谷店と西神中央店の2店をOPENしている。

リッチフィールド名谷店・西神中央店ともバリアフリーに着目した店内設計。車椅子の方でも専用のスロープを使って自由に行き来できる。家族はいつでも一緒に行動したいと思うし、同じ幸せを分かち合いたい。ましてスウィーツとは「食」のなかでも特別で記念日的な存在。笑顔が生まれるスペースをさりげなくやさしく築いてくれた配慮こそリッチフィールドのお菓子すべてに注がれたエネルギーに感じてやみません。

パティシエという仕事は一般の我々からは想像しきれない下積みと探究心の末、時代の変化に合わせ生涯修行を積み重ねる過酷とも言い切れる職業。そうして作り出される小さな小さな芸術品。そのエッセンスが凝縮された一品と、訪れるお客への物理的配慮、心遣いを大切にするリッチフィールド。私たちの心をそっと満たしてくれるパティスリーが神戸にあることを誇りに思う。


リッチフィールド洋生菓子生まれる芸術品の美しさに隠れた努力と優しさを少し考えてみたら、時間をかけながらじっくり味わいたくなりました。

リッチフィールド店舗写真
リッチフィールド

リッチフィールド

丘の上、本物が佇む優しくて美味しい時間

神戸市西区樫野台5丁目4−6
TEL: 078-996-7775
FAX: 078-996-7776
http://www.rich-field.biz
営業時間: 10:00-20:00


最新情報・トピックス

世界が認めた神戸料理界のカリスマシェフ厳選! 世界に届け防災への想い・防災神戸